曹洞宗 泰雲山 瑞龍寺 
最新情報歴史曹洞宗葬儀・法事交通案内Link
禅修業

読み方として、正しくは<ソウトウシュウ>と澄んだ読み方をする。
インドでお釈迦様によって開かれた仏教は、多くの弟子たちによって受け継がれてきた。そして、インドから中国へ伝わり、中国ではお釈迦様から28代目の達磨大師が厳しい禅の修行に励まれ、禅宗としてその仏道を確立した。その後、達磨大師の弟子たちにより広く中国中に実践的な仏教としてその教えを定着させた。

名称の由来には二つの説がある。
一つは中国の僧、六祖慧能(638~713)が曹渓(広東省曲江県)で弟子に法を伝え、慧能の法孫である良价(807~869)が洞山(江西省にある山)を拠点として禅を広めたという故事により、曹渓の「曹」と洞山の「洞」をとって曹洞とした説。
もう一つは良价の法を嗣いだ本寂(840~901)が活躍したのが撫州(江西省臨川県)の曹山であったことから、洞山と曹山を合わせて曹洞としたという説である。(曹洞宗大辞典より)

日本へは、道元禅師(永平寺開祖)が、はるばる中国に渡り、如浄禅師のもとで修行をし、その法を日本へ伝えたものである。それ故、日本に於ける曹洞宗では、道元禅師を「高祖」と尊称する。そして、道元禅師から4代目の螢山禅師(総持寺開祖)が、その教えを全国に広めたので「太祖」とし、お釈迦様とこのお二方を併せて、「一仏両祖(イチブツリョウソ)」としてまつっている。大本山が永平寺と総持寺と二つあるのも、このことによる。

 

 

 

瑞龍寺住所