曹洞宗 泰雲山 瑞龍寺 
最新情報歴史曹洞宗葬儀・法事交通案内Link
葬儀について

ご 逝 去
病院で亡くなられた場合、寝台車(ご遺体の搬送のため)の手配は、病院で出来る場合もありますが、葬儀社に相談するのが一般的です。 自宅で亡くなられた場合は、医師の診断を受けた後、葬儀社に連絡します。
菩提寺への連絡
死亡の報告をし、寺の都合を聞いて、葬儀の日程を決め、枕経・通夜経の依頼をする。
葬儀の日程
葬儀社と打ち合わせ、寺と火葬場の都合を聞き、通夜・出棺・火葬・葬儀の日程を決め、友人・知人・親戚・町内会等に知らせる。
役所への死亡届
死亡診断書の届出欄に、記名・捺印し、通常は、葬儀社に委託し、埋火葬許可書等、火葬修了まで預ける
祭壇等の準備
葬儀社と相談し、祭壇、遺影、霊柩車、バス、香典返し、印刷物、料理、引物等を手配する。
お 通 夜<
個人と親しかった人達がありし日を偲び、夜を徹して冥福を祈るのが慣わしですが、近年、静岡地方では「半通夜」、午後6時頃から9時頃までに終わらせるのが、一般的です。
ご 出 棺
故人に一輪づつのお花を手向けてお別れをし、棺のふたを閉じて火葬場に向かいます。喪主は見送ってくれた方々に、お礼の挨拶をするのが慣わしです。
火  葬
静岡の火葬場は、お別れのご焼香をして、点火します。点火後、約1時間30分して収骨し、一般的には、式場(寺)に向います。
葬  儀
静岡では、火葬を済ませてから、寺院の本堂で葬儀を行います。葬儀については、事前に、十分寺と打ち合わせることが大切です
初七日忌法要
本来、死亡した日を含め、七日目に行われる法要ですが、近年、便宜上葬儀に引き続いて行われるのが、一般的になっています。
精進落し
初七日の法要の後、お世話になった方々と僧侶に、お礼と感謝の気持ちを込めて、食事の用意をしおもてなしをします。
町内会等へのお礼
受付その他、お手伝いして頂いた町内会の方々に、お礼の挨拶をして回ります。

 

 

 

瑞龍寺住所