曹洞宗 泰雲山 瑞龍寺 
最新情報歴史曹洞宗葬儀・法事交通案内Link

徳川家康公寄進 「釈迦三尊像」 (明兆筆)

明兆作・釈迦三尊絵像

このページに表示した3枚の仏画は、家康公から寄進を受けた寺宝である。作者は、「吉山明兆」。

吉山 明兆(きつさん みんちょう 1352~1431)は、
室町時代前・中期の画僧。 淡路国(現兵庫県)出身。臨済宗の東福寺に入り、周囲からは禅僧として高位の位を望まれたが、画を好む明兆はこれを断り、明の李竜眠から画法を学び、初の寺院専属の画家として大成した。僧としての位は終生、仏殿の管理を務める殿主(でんす)の位にあったので、「兆殿主}と称された。

東福寺の仏画工房は、明兆によって、禅宗系仏画の中心的存在となる。又、日本の水墨画の成立と発展は、明兆・如拙・周文・雪舟の四大家によると位置づけられるが、その第一歩を築いたのが、吉山明兆である。

第4代将軍・足利義持からその画法を大いに愛された。
東福寺には、『聖一国師像』や『四十八祖像』、『寒山拾得図』、『十六羅漢図』など、多くの著名作品がある。

 

徳川家康公寄進 「十六羅漢絵像」 (明兆筆)

明兆作・十六羅漢絵像
明兆作・十六羅漢絵像

 

 

左図の「十六羅漢}は、主に禅宗系の寺院で崇拝されるものです。

正しい教えを護持することを誓ったこの十六人は、供養の場にあらわれ、施しをした人にすぐれた果報をもたらすと言われている。

 

 

 

 

 

 

瑞龍寺住所